紙のウンチク

紙を購入する際には銘柄や色をお選びいただく他、全紙の寸法、紙の流れ目、厚さをご指定いただく必要があります。

ご購入の目的や用途にあった商品をお選びいただくための基礎知識として、是非ご一読ください。

紙の寸法

現在流通している紙には様々な規格のものが存在しています。

原紙寸法

主な洋紙の原紙の規格・寸法
四六判 788×1091
B列本判 765×1085
菊判 636×939
A列本判 625×880
ハトロン判 900×1200

(単位:mm)

主な洋紙の原紙の規格・寸法
L判 800×1100
K判 640×940

(単位:mm)

仕上がり寸法

A列 B列
1 594×841 728×1030
2 420×594 515×728
3 297×420 364×515
4 210×297 257×364
5 148×210 182×257
6 105×148 128×182
7 74×105 91×128
8 52×74 64×91
9 37×52 45×64
10 26×37 32×45

(単位:mm)

紙の重さ・厚さ

坪量とは、洋紙及び板紙1m²当たりの重量のことです。「g/m² 」で表示します。坪量は紙の重さに関する元となる数
値です。米坪(べいつぼ)、メートル坪量などと呼ぶこともあります。

坪量(つぼりょう)

坪量とは、洋紙及び板紙1m²当たりの重量のことをいいます。重量単位にはグラムを用い、「g/m² 」と表示します。
坪量は紙の重さに関する元となる数値です。米坪(べいつぼ)、メートル坪量などと呼ぶこともあります。

連量(れんりょう)

ある規定の寸法に仕上げられた紙1,000枚のことを1連(1R)と呼びます。(板紙の場合、100枚で1ボード連・1BR)
連量とは1連の紙の重量のことをいい、単位はkgで表示します。連量は紙の厚みを知るための目安ともなります。

紙の流れ目

紙は、抄紙機(紙を抄く機械)でパルプを一定方向に流しながら製造されるため、進行方向に繊維が揃いやすく「紙の流
れ目」ができます。流れ目は、印刷などの加工を施す上で大変重要なものです。

紙の縦目(T目)と横目(Y目)

紙はひとつのライン上で製造され一度巻き取られます。巻き取られたロールの状態では常に紙の目の方向は一定ですが、シート状(平判)に紙を切る時に、縦横どちらの向きでカットするかによって縦目と横目の違いがでてきます。

紙の長辺に沿って平行方向に繊維が流れている紙を縦目(T目・タテ目)の紙といいます。流れ目が縦目の場合は、寸法を788×1091mmと小さい方の数字を先に表記します。
紙の短辺に沿って平行方向に繊維が流れている紙を横目(Y目・ヨコ目)の紙といいます。流れ目が横目の場合は、寸法を1091×788mmと大きい方の数字を先に表記します。

紙の流れ目の特性と紙の伸縮

紙の流れ目は使用する用途によって大きく関係するので、きちんとその特性を把握することが重要です。流れ目は下記のような紙の特性に影響します。

特殊紙

田村紙店ではさまざまな質感や特徴をもった紙を取り扱っており、用途に応じてお選びいただけます。
名刺やDMだけでなく、ショップのメニューやメンバーズカード等に一風変わった紙を利用するとよりオリジナリティが増します。ぜひご利用下さい。

ラフ マーメイド・パミス・サーブル 等
粗い質感でざっくりとした、ラフな手触りのファインペーパーです。柔らかさ、暖かみのある風合い、実際に手に触れるものなどに最適です。主にポストカードや、案内状などに使われている素材です。
スムース アラベール・NTラシャ 等
表面に加工を施さないプレーンなファインペーパーです。クセのないシンプルな風合いはさまざまな用途でお選びいただけます。
エンボス レザックシリーズ・タントセレクト 等
抄紙段階または抄紙後に模様のついた金属ロールを押しつけた紙に模様のついたバラエティに富んだファインペーパーです。
ブレンド OKフェザーワルツ・OKカイゼル 等
目に見える混ぜものを模様として抄きこんだファインペーパーです。自然で素朴なあたたかみのある質感です。
レイド アングルカラー・OKミューズコットン・STカバー 等
レイド=縞(しま)模様の入ったファインペーパーです。特徴的な縞模様のものから柔らかい模様のものまで、豊富に揃っています。
鏡面・光沢 ファンタス・エスプリコートシリーズ 等
表面に鏡面加工・光沢感を与えたファインペーパーです。メタリックなものやパール系の輝きのものまで豊富なラインナップです。
紙クロス シルバーボード・ダイヤボード 等
紙に樹脂などを塗工・含浸し強度をもたせたファインペーパーです多彩な柄と色のラインナップから用途に応じてお選びください。